Amazon Echo(アレクサ)を使いこなす

【アレクサ活用術】寝る前の消灯やテレビの電源OFFをひとことで!これは便利だぞ!

更新日:

 

寝る前の消灯やテレビの電源OFF、読書灯への切り替え、エアコンの電源OFF・・・

いろんなリモコンを操作して、消灯スイッチを押してと、めんどくさくて仕方がない。

 

これらの作業をアレクサに「ひとこと話すだけ」で全部やってくれるように設定してみました。

これぞスマートホーム化の醍醐味!

 

そこで、どんな動作をするのか、どうやって設定するのか、必要な機器は何か?を中心に紹介していきたいと思います。

 

さらに詳しく

今回はアレクサの「定型アクション」という機能を使って設定していきます。この機能について詳しくは↓の記事を参考に。

アレクサをタイマー起動させたり一言で複数の動作をさせる「定型アクション」がかなり便利

  もし、時間になったらアレクサが勝手にいろいろと動いてくれたら。 もし、ひとこと言うだけで複数の動作をやっ ...

続きを見る

 

関連記事 【アレクサ活用術】朝起きてからの作業を自動化!習慣化を後押ししてくれる設定をしてみた!

関連記事 【アレクサ活用術】家に帰って「ただいま」と言うだけで家電や照明が動作してくれるように設定してみた

 

今回アレクサで設定した動作の流れ

 

アレクサにひとこと話すだけで動作させるようにしたものは以下の通りです。

  1. テレビの電源を消す
  2. 部屋の入り口の電気を消す
  3. 部屋の奥の電気を消す
  4. 読書灯(小さい電気)をつける

 

これらの動作を「アレクサ、そろそろ寝ます」と言うだけで、実行させるようにしました。

 

早速、設定する!

 

設定にはアレクサの「定型アクション」という機能を使います。

動作する条件と、条件に当てはまったときのアクションを決めておけばまとめて動作してくれます。

 

関連記事 アレクサをタイマー起動させたり一言で複数の動作をさせる「定型アクション」がかなり便利

 

step
1
定型アクションの実行条件を決める

アレクサアプリを起動して、左上の「三」をタップすると「定型アクション」という項目があります。

この項目をタップして、新しい定型アクションを作成していきます。

 

まずは「実行条件を設定」をタップして、「開始フレーズを設定」をタップします。

 

 

「アレクサ、そろそろ寝ます」と言ったときに動作させたいので、そのフレーズを入れます。

 

 

 

step
2
アクションを設定する

先ほど設定した条件を満たした時の動作を決めていきます。

 

まずは「テレビを消す」アクションを追加していきます。

「アクションを追加」→「スマートホーム」をタップ。

 

 

「テレビ」→「次へ」をタップ。

 

 

 

step
3
同じ要領で他のアクションを設定していく

テレビの電源OFFを設定したのと同じ要領で、電気を消すなどの他のアクションを設定します。

全部終わったら「保存」をタップ。

 

 

これで設定は完了です!

 

 

動作確認をしてみる!

 

設定がうまくいったかどうか、動作確認してみます。

 

アレクサ、そろそろ寝ます

 

(テレビの電源が消える。。。)

 

おぉ!

 

(部屋の電気が消える。。)

 

おぉ!

 

(読書灯がつく)

今の時期は暑いので涼しさを感じる青に設定中

 

完璧!

 

今回の動作で必要な機器とそれぞれの設定方法を紹介

 

最後に、この動作をさせるために使った機器と設定方法を紹介したいと思います。

 

アレクサ(Amazon Echo Plus)

まずはアレクサ。

Amazon Echoシリーズはたくさんありますが、スマートホーム化を考えるならAmazon Echo Plusが一番いいと思います。

 

関連記事 Amazon Echo(アマゾンエコー)の初期設定方法。画像付きで説明します。

 

スマート家電リモコン

テレビを消す操作で使うのがこれ。赤外線のリモコンをアレクサで操作するときに必要です。

ほとんどの家電のリモコンは赤外線なので、そこそこ昔の電化製品でも声で操作できるようになります。

 

関連記事 Amazon Echoでテレビを操作する方法【設定から発話例まで】

 

Switch Bot・Switch Bot Hub Plus

部屋の電気のスイッチを物理的に押してくれるのがこれ。長押しも可能なので、例えばコーヒーを自動でコップに入れたりもできます。

関連記事 意外に簡単!Switch Bot(スイッチボット)の設定・設置方法

 

Switch Botはスマホで操作可能ですが、単体だとアレクサには対応してません。

アレクサに対応させて、声で操作するにはSwitch Bot Hub Plusも必要です。

関連記事 Switch Bot Hub Plusを使ってアレクサからスイッチをON・OFFさせる方法

 

Philips Hue(フィリップス ヒュー)

Philips Hue(ヒュー)シングルランプv3 | E26スマートLEDライト1個 | 【Amazon Echo、Google Home、Apple HomeKit、LINEで音声コントロール
フィリップスライティング(Philips Lighting)
参考価格:¥ 7,992
OFF: 27%
¥ 5,870
Trippro

読書灯として最後にONにしたのがこれ。

電球の色を変えたり、明るさを変えたりすることも可能です。(冬になったら暖色に光らせようと思ってます。)

関連記事 Amazon Echo(アマゾンエコー)でPhilips Hueを操作するまでの設定方法

 

これで誰でも同じように動作させることができます。

 

まとめ

というわけで「【アレクサ活用術】寝る前の消灯やテレビの電源OFFをひとことで!これは便利だぞ!」でした。

今回は寝る前の動作をひとまとめにしたので、次は朝起きたときの動作をひとまとめにしようかなと思います。

あと寝る前のアクションもいいものがあれば随時追加していきたいと思ってます。

 

追記:他のパターンも作成してみました。

関連記事 【アレクサ活用術】朝起きてからの作業を自動化!習慣化を後押ししてくれる設定をしてみた!

関連記事 【アレクサ活用術】家に帰って「ただいま」と言うだけで家電や照明が動作してくれるように設定してみた

-Amazon Echo(アレクサ)を使いこなす

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.