節約を考える

AmazonマスターカードゴールドはAmazonプライム会員だと実質年会費を抑えられるという話

更新日:

 

Amazonプライム会員だと年会費がかなり抑えられる「Amazonマスターカードゴールド」。

 

Amazonマスターカードゴールドを持つことにしたので、特典や年会費、申し込むときに気になったことについて紹介していきたいと思います。

 

Amazonマスターカードゴールドの特典

 

まずはAmazonマスターカードゴールドの特典について説明します。

主に次の特典があります。

  • Amazonプライム特典が使い放題
  • Amazonのショッピングで、2.5%還元
  • Amazon以外のご利用も1%還元
  • 全国主要空港ラウンジサービス

Amazonプライムの月額500円(年額だと4,900円)がまずかからないメリットがあります。

さらにAmazonのショッピングで2.5%分のAmazonポイントが貯まります。

Amazonのサービスをよく使っていて、Amazonで買い物もすることがある人に向いているクレジットカードです。

 

Amazon Mastercardゴールド(最大2.5%ポイント還元)
三井住友カード株式会社
Check on Amazon

 

ただ、年会費は 10,800円(税込み)。ゴールドカードなのでこれくらいの年会費は普通なんですが、これをなるべく減らしたい。

ということで、ここからは年会費を減らす方法を説明していきたいと思います。

 

Amazonプライム会員は実質の年会費を抑えられる

 

Amazonマスターカードゴールドで次の特典があったと思います。

  • Amazonプライム特典が使い放題

普段からAmazonプライムを使っている方は月々500円、もしくは年4,900円を払っている訳です。

これがAmazonマスターカードゴールドの年会費に置き換わったと考えると、次のようになります。

Amazonプライム
月額会員 年会員
カードを持たない場合 年6,000円 年4,900円
カードを持った場合 年10,800円(+4800円) 年10,800円(+5,900円)

 

イメージとしては、

Amazonプライム月額会員:いつもの料金+4,800円でゴールドカードが持てる

Amazonプライム年会員:いつもの料金+5,900円でゴールドカードが持てる

という感じです。

 

ただ、まだまだ高い年会費。他の条件を満たせばまだまだ減るので紹介していきます。

 

「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」でさらに年会費を抑える

 

次の条件を満たせばさらに年会費が減ります。

  • 「マイ・ペイすリボ」に登録して年に1回以上カード利用で、2年目以降から年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引
  • 「カードご利用代金WEB明細書サービス」を利用して過去1年6回以上の請求で、で2年目以降年会費が「1,080円(税込み)」割引

どちらの条件も満たすと、合計で6,480円の割引になります。

そうなると年会費は 10,800円から4,320円まで減ることになります。

 

つまり、先ほどの表でいくと次のようになります。

Amazonプライム
月額会員 年会員
カードを持たない場合 年6,000円 年4,900円
カードを持った場合 年4,320円(-1,680円) 年4,320円(-580円)

 

イメージとしては

Amazonプライム月額会員:いつもの料金-1,680円でゴールドカードが持てる

Amazonプライム年会員:いつもの料金-580円でゴールドカードが持てる

という感じです。

 

つまり、条件を満たした上でAmazonマスターカードゴールドを持つと、いつも払っているAmazonプライム会員の料金が安くなって、Amazonの買い物ポイントが2.5%つく他にもいろいろな特典がある。ということになります。

これはおいしい。

 

Amazon Mastercardゴールド(最大2.5%ポイント還元)
三井住友カード株式会社
Check on Amazon

 

このまま申し込みたいところですが、気になるところがいくつかあるので確認していきます。

 

Amazonマスターカードゴールド申し込みの気になった点・注意点

 

申し込むに当たって次の点が気になりました。

  • 「マイ・ペイすリボ」ってリボ払いのことじゃない?大丈夫?
  • 「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」はどうやって申し込む?
  • 今払っているAmazonプライムの費用はどうやって使い放題に切り替わる?

 

「マイ・ペイすリボ」ってリボ払いのことじゃない?大丈夫?

ここが一番引っかかりました。リボ払いって手数料が高いし。

「マイ・ペイすリボ」もリボ払いの仕組みの1つです。

ざっくり説明すると、

  • 毎月支払う金額を事前に決めておく
  • 超えた分の支払いが自動的にリボ払いになる。

という仕組みです。

 

例えば、毎月の支払い金額を3万円にしていて、5万円分使った場合は、2万円分が自動的にリボ払いになります。

逆に、毎月に支払いを金額を3万円にしていて、2万円分使った場合は、支払い金額を超えてないのでリボ払いは発生しません

 

つまり、毎月の支払い金額を高くしておけばリボ払いになる確率が減るということです。もっと言えば毎月の支払い金額をカードの使用限度額と同じにすれば、どうやってもリボ払いになりようがありません。

 

あとマイ・ペイすリボに登録したからといって、リボ払いをする必要もないです。

ゴールドカードの方で「マイ・ペイすリボ」にご登録の方は、年に1回以上カードをご利用になれば、2年目以降から年会費が半額の「5,400円(税込み)」割引となります。

引用:Amazon Mastercardゴールド

「マイ・ペイすリボ」に登録して、カードを利用すれば条件を満たします。

 

ここまでのまとめ

「マイ・ペイすリボ」ってリボ払いのことじゃない?大丈夫?

→毎月の支払い金額をカードの使用限度額と同じにする。そうすれば、どうやってもリボ払いにならない。

 

「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」はどうやって申し込む?

それぞれ次の方法で申し込みます。

マイ・ペイすリボ:カード申し込み時+カード到着後に支払い金額を引き上げ

WEB明細書サービス:特になし

 

マイ・ペイすリボは、まずカードを申し込むときに「申し込む」を選択します。

最初の支払い金額は「3万円まで」が上限なので、カード到着後にカード限度額と同じに設定します。

 

WEB明細書サービスはカードを申し込むときに項目が見つかりませんでした。でもあとで「マイ・ペイすリボ」の支払い金額を変えるときに確認しましたが、ちゃんと申し込みできてました。

 

ここまでのまとめ

「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」はどうやって申し込む?

→マイ・ペイすリボはカード申し込み時。カード到着後にカード上限額に設定を変える。WEB明細書サービスはネットで申し込んだタイミングで申請できている模様。

 

今払っているAmazonプライムの費用はどうやって使い放題に切り替わる?

自動的に切り替わっていました。

カードを申請するときに、いつも使っているAmazonアカウントでログインしてから申請します。このときにAmazonプライム会員かどうかを判断しているようです。

あと既に支払い済みのAmazonプライム会費の未使用期間分は、クレジットカードへ返金されます。

 

ここまでのまとめ

今払っているAmazonプライムの費用はどうやって使い放題に切り替わる?

→自動的に切り替わる。あと、料金支払い済みの未使用期間分は返金される。

 

まとめ

というわけで「AmazonマスターカードゴールドはAmazonプライム会員だと実質年会費をギリギリまで抑えられるという話」でした。

 

ざっくりまとめると

  • Amazonプライム月額会員はいつもの料金+4,800円でゴールドカードが持てる
  • さらに「マイ・ペイすリボ」「WEB明細書サービス」登録で、いつもの料金-1,680円でゴールドカードが持てる
  • 「マイ・ペイすリボ」は支払い金額の上限をカード限度額にすることでリボ払いを避ける

 

最初は条件がややこしいかなと思いましたが、申し込んでみたら案外簡単でした。

リボ払いのところは最初怖いですが、調べたらお得なことがわかったのでAmazonプライム会員だと正直入った方がいいかなと。

Amazonで買い物はちょくちょくやるので、これからポイント貯めまくろうと思います。

 

Amazon Mastercardゴールド(最大2.5%ポイント還元)
三井住友カード株式会社
Check on Amazon

-節約を考える

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.