国内ドラマを楽しむ

『dele (ディーリー)』の感想とネタバレ。デジタル遺品の情報を削除する最強コンビ誕生!

更新日:

あなたが死んでもスマホ・PCは生きている。

死後のデジタル情報を内密に抹消する2人の主人公を描く物語。

主演は山田孝之さん、菅田将暉さんです。

3行で分かる。今回の内容

・テーマとキャストだけで既に面白そう

・単純にデータを削除するだけじゃないんだな

・真柴の過去が気になる

それでは早速行ってみましょう!

テーマとキャストだけで既に面白そう


このドラマは不都合なデジタル遺品、簡単に言うとスマホとかパソコンに入っている情報を削除するというテーマ。

今の時代、意図しない情報が残ってしまうこともありそうですし、面白そうなテーマですね。

そして主演が山田孝之さんと菅田将暉さん。

主演のキャストも最強です。

もうこの時点で期待値が上がりすぎだし、面白いのが確定しちゃってるくらいです。

今の時点で次シーズンないかなって思っちゃいますもん。

 

単純にデータを削除するだけじゃないんだな

本来は依頼人が亡くなったらそのデータを削除するっていう契約だけなんだけど、人間関係とかにも踏み込んでいく感じみたい。

そこから亡くなった理由を探っていくみたいですね。

そりゃあ単純にデータ削除だけだったらドラマとして成立しないですもんね。

「通知が来る→死亡確認→データ削除」っていうだけだったら展開がないですもんね。

 

いいコンビだ

山田孝之さん演じる坂上と菅田将暉さん演じる真柴。

真柴は人の懐に入るのがうまいし、機転も利く実はすごいやつ。

坂上もただのプログラマーかと思いきや、技術力も半端ない。

真柴が実際に会ってヒントを見つけ、坂上が情報を絞り込んで真実に迫っていくって感じの役割分担になってますね。

コンビの息がぴったりです。

 

真柴の過去が気になる

最後にちょっと過去に関するセリフがありましたね。

「今の祐太郎くんからは想像できない」

っていう内容からして、真柴にも黒い過去がありそう。

これについては完全に物語の終盤にならないと分からないパターンのやつですね。

 

思った通り面白かった第1話。

キャストが少ないのに完成度高いなぁって思いました。

それだけでストーリーが成立しちゃってるのがすごいです。

これからまだまだ豪華なゲストな出演される予定なので、そこも楽しみですね。

 

という訳で、第1話の感想はここまで!
コメント欄から感想もお待ちしておりますヾ(*´∀`*)ノ

次のページへ >

-国内ドラマを楽しむ

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.