ゲームオブスローンズ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン2(全10話)の感想まとめ

更新日:


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン2の第10話「勝者」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン2 第10話「勝者」終了時点での相関図

1話ずつ紹介!ゲーム・オブ・スローンズの相関図まとめ【シーズン1/2/3/4/5/6/7/8】

2年連続史上最多全12部門受賞! ウェスタロスにある7大王国を舞台にした「鉄の玉座」をめぐる壮大な物語。   ...

続きを見る

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
ジョフリー タイウィンを王の手に任命。サンサとの婚約を解消。
トメン
サーセイ・ラニスター
ティリオン・ラニスター
ポドリック・ペイン
シェイ
ブロン
ランセル・ラニスター
サンダー・クレゲイン(通称:猟犬)
サンサ・スターク ジョフリーと婚約解消
ロス
ピーター・ベイリッシュ 戦いの功績によって、ハレンの巨城を与えられる
ヴァリス
パイセル
タイウィン・ラニスター 王の手に任命される
ロラス・タイレル ジョフリーに妹のマージェリーと結婚するように請う
ハレンの巨城
グレガー・クレゲイン(通称:山)
スタークの陣
ロブ・スターク タリサと結婚する
ルース・ボルトン
タリサ ロブと結婚する
キャトリン
ウィンターフェル
ブラン・スターク 壁に向かう
リコン・スターク 壁に向かう
ルーウィン 刺されて死亡(最後は安楽死)
ホーダー 壁に向かう
オシャ 壁に向かう
シオン・グレイジョイ 戦おうとするも殴られて気絶
ラムジー・スノウ ウィンターフェルを包囲
エイモン
アリザー・ソーン
壁の向こう側
ジョン・スノウ 仲間を殺して野人を信用させる
イグリット
鎧骨公
ジオー・モーモント
サムウェル・ターリー(サム)
クラスター
ジリ
マンス・レイダー
ベンジェン
ドラゴンストーン
スタニス・バラシオン
メリサンドル
ダヴォス
鉄(くろがね)諸島
ベイロン・グレイジョイ
ヤーラ・グレイジョイ
高巣(アイリー)城
ライサ
ロビン
双子城
ウォルダー・フレイ
狭い海の向こう側(クァース)
デナーリス
ジョラー・モーモント
ザロ・ゾアン・ダクソス 金庫に閉じ込められる
その他
バリスタン・セルミー
ミアセラ
マージェリー・タイレル
アリア・スターク ジャクェン・フ=ガーからコインをもらう
ジェンドリー
ジャクェン・フ=ガー アリアにコインを渡す
ジェイミー・ラニスター
ブライエニー

感想

まずは王都から。前回の戦いの功績からタイウィンが王の手になりました。ジョフリーからすれば、おじいちゃんが王の手になったということになります。これでラニスター家の王都での権力がさらに強まりそうです。

そしてサンサは婚約を解消されました。結婚しなくてよかったですが、その反面、王都には味方がほぼいないので危険を感じます。

ウィンターフェルには、ラムジー・スノウが到着しました。シオンは戦わずして負けた感じになってしまいましたが、これから大丈夫なんでしょうか。ロブを裏切らなかったらこんなことにならなかったのに。あとルーウィンが死んでしまいました。シリーズ最初のエピソードから出ているキャラクターなだけにいなくなるのは悲しいです。

狭い海の向こう側は、話が進んでいるのかどうか良くわかりませんね。王都を攻める準備はまだまだといったところですが、ドラゴンは順調に成長していっています。シーズン3では進展があるのでしょうか。

ただ一番気になるのは、壁の向こう側の動向です。ホワイトウォーカーの大群が出てきましたね。普通の人間では太刀打ちできないくらい強そうですが、ジョン・スノウたちは大丈夫なんでしょうか。

-ゲームオブスローンズ

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.