ゲームオブスローンズ

【相関図あり】ゲームオブスローンズ:シーズン6(全10話)の感想まとめ

更新日:


ゲームオブスローンズの登場人物の相関図をまとめました。今回はシーズン6の第10話「冬の狂風」です。

 

ゲームオブスローンズは登場人物が多く、相関図を見ないと理解できないところがあります。そこで各エピソード終了時点での相関図を作ることにしました。

ネタバレが含まれますので未視聴の人はお気を付けください。

シーズン6 第10話「冬の狂風」終了時点での相関図

 

登場人物をざっくり解説

エピソード終了時点での登場人物のざっくりとした説明です。キャラ名がある人は一応表に書いていますが、特に動きがなかった人は逆に混乱しそうなので説明入れてません。独断と偏見もちょっと入ってます。

王都キングズランディング
トメン 絶望して城から飛び降りる
サーセイ・ラニスター "鉄の玉座"につく
マージェリー・タイレル 火素の爆発によって死亡
ロラス・タイレル 火素の爆発によって死亡
雀聖下 火素の爆発によって死亡
ランセル・ラニスター 火素の爆発によって死亡
パイセル "小鳥たち"に刺されて死亡
クァイバーン "王の手"となる
グレガー・クレゲイン(通称:マウンテン)
ジェイミー・ラニスター
ブロン
壁の北
ブラン・スターク
ミーラ
ベンジェン
ウィンターフェル
ジョン・スノウ
サンサ・スターク
トアマンド
ダヴォス
メリサンドル シリーンの儀式の件で北部から追放される
ピーター・ベイリッシュ
ブライエニー
ポドリック・ペイン
鉄(くろがね)諸島
ユーロン・グレイジョイ
ロビン
双子城
ウォルダー・フレイ アリアに復讐される
アリア・スターク 復讐を果たす
旗印のない兄弟団
ミアのソロス
ベリック・ドンダリオン
サンダー・クレゲイン(ハウンド)
ドーン
エラリア・サンド
タイエニー
ナイメリア
オバラ
レディ・オレナ 復讐を誓う
狭い海の向こう側(ミーリーン)
デナーリス 出航する
ミッサンディ 出航する
グレイ・ワーム 出航する
ダーリオ・ナハーリス
ティリオン・ラニスター 女王の手に任命される
ヴァリス 出航する
ヤーラ・グレイジョイ 出航する
シオン・グレイジョイ 出航する
ブレーヴォス
ジャクェン・フ=ガー
オールドタウン
サムウェル・ターリー(サム)
ジリ
その他
ジョラー・モーモント
エドミュア

感想

シリーズ最終回はとんでもなかったですね。

一気に登場人物がいなくなってしまいました。ロラス、マージェリー、雀聖下(ハイ・スパロウ)、ランセルが火素の爆発で死亡。トメンが絶望して城から飛び降りて死亡。パイセルが"小鳥たち"に刺されて死亡。ウォルダー・フレイがアリアの復讐により死亡。

一気に登場人物が増えることはあっても、一気に減るのは初めてだと思います。ここまで一気に減ってしまうと、最初に戻った感じがしてしまいます。サーセイ恐ろしや。

さてさて、シーズン7はどうなっていくんでしょうか。

・デナーリスが海を越えてきた後どうなるのか
・サーセイの王都での動き
・アリアのこれから
・ホワイトウォーカーとの戦い

シーズン7では何が描かれるか分かりませんが、このあたりが個人的には気になります。

-ゲームオブスローンズ

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.