IFTTTを使いこなす

【解説】IFTTT(イフト)って何?初心者でも分かりやすく説明していきます。

更新日:

TwitterやFacebook、Instagramなど、インターネット上には今やたくさんのサービスが存在しています。

 

そして、これだけ複数のサービスを使っていると、

 

「サービス同士を連携させたら便利じゃない?」

 

と思うこともあるかと思います。

例えば、

  • Twitterと同じ内容をFacebookにも投稿したい
  • 特定のサイトやSNSの情報をLINEで受け取りたい
  • 撮った写真のバックアップを自動で取りたい
  • 〇〇時になったら自動で動作をさせたい
  • スマートスピーカーに〇〇と言ったら特定のWebサービスを動作させたい

ほんの一部ですが、IFTTT(イフト)を使えばこういうことが可能です。しかも無料で使えます。

組み合わせ次第でいくらでも便利になるので、ぜひ導入しておきたいサービスです。

 

関連記事 【簡単解説】IFTTT(イフト)の使い方。登録からアプレット(レシピ)を作るまで説明します。

 

IFTTTはどんなサービス?

一言で言うと、「サービスとサービスをつなぐサービス」です。

正直このままだと分かりづらいので、もう少し詳しく説明していきます。

 

「If 〇〇 Then △△」でサービスをつなぐ

IFTTTは「If 〇〇 Then △△」という形でサービスをつないでいきます。

日本語だと、「もし〇〇したら、△△する」という意味です。

 

この「もし〇〇したら」の部分が次の動作を行うための条件やトリガーとなっていて、この条件に当てはまった時に「△△する」で定義していた動作を行います。

 

例えば、「Twitterの内容をFacebookにも投稿したい」場合を考えてみます。

この場合だと「もし〇〇したら」の部分が「Twitterに投稿したら」、「△△する」の部分が「Facebookに投稿する」にあたります。

なのでIFTTTでサービスをつなぐ時は、「Twitterに投稿したら」という条件(トリガー)を設定して、次に「Facebookに投稿する」という動作を定義します。

このようにしてサービスとサービスをつないでいきます。

 

作成したものはアプレット(レシピ)で管理

IFTTT(イフト)は「If 〇〇 Then △△」の形でいろいろとルールを作成していくことができます。

このルールをアプレット(レシピ)と呼びます。

アプレットは好きなだけ追加していくことができますし、他の人が作成したアプレットを追加していくこともできます。

他の人が作成した便利なアプレットがたくさん共有されています。

 

どんなサービスが対応している?

IFTTTで繋げられるサービスは500以上あります。

実際に数えてみました。

 

つまり、「もし〇〇したら、△△する」の〇〇や△△に設定できるサービスが500種類以上ある、ということです。

また各サービスに対して設定できる条件や動作が複数あるので、組み合わせを考えるとものすごい数になります。

これだけ組み合わせ自由だと、アイデア次第で自分の好きなように動作させることが可能です。

 

対応しているサービス・機能(一部)

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube
  • Dropbox
  • Evernote
  • Google Drive
  • RSS Feed
  • Amazon Alexa(Amazon Echo)
  • Google Assistant(Google Home)
  • Email
  • スマホのタイマー(時間)
  • スマホの写真
  • スマホのGPS(位置情報)
  • スマホのカレンダー

ほんの一部ですけど、これらのサービスだけでも色々と組み合わせできそうですよね。

 

例えばどんな組み合わせがある?

一部ですが、便利なアプレットを紹介したいと思います。

  • Instagramに写真を投稿したら、Tweetに画像付きでツイートする
  • 写真を撮ったら、自分のスマホにメールで送る
  • 記念日の1週間前になったら、自分にリマインドメールを送る
  • Instagramに写真を投稿したら、その写真をDropboxに保存する
  • Youtubeでグッドしたら、LINEにメッセージを送る
  • サイトが更新されたら、メールで連絡を受け取る

書き出すときりがないのですが、他にもまだまだ便利なアプレットがあります。

 

どうやって使う?

IFTTTを使うまでの流れは次の通りです。

  1. IFTTTに登録する
  2. アプレットを作成する
  3. アプレットを有効にする
あとはアプレットの条件に当てはまったときに、自動で実行されます。

 

まとめ

というわけで、「【解説】IFTTT(イフト)って何?初心者でも分かりやすく説明していきます。」でした。

ポイントは次の通りです。

IFTTTはサービスとサービスをつなぐサービス

IFTTTに対応しているサービスは500以上

組み合わせは自由

【簡単解説】IFTTT(イフト)の使い方。登録からアプレット(レシピ)を作るまで説明します。

この記事ではIFTTT(イフト)の登録方法から、実際にアプレットを作成していく方法までを説明していきます。 IFTTTは ...

続きを見る

-IFTTTを使いこなす

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.