国内ドラマを楽しむ

『いつかこの雨がやむ日まで』の感想とネタバレ。殺人犯の妹、ひかり

更新日:

謎が謎を呼ぶオリジナルラブサスペンス!

15年前の不幸な出来事によって絶望に突き落された、一人の女性を取り巻く、愛と罪と狂気を描くラブサスペンスです。

主演は渡辺麻友さんです。

3行で分かる。今回の内容

・まゆゆがキャバ嬢に

・刑事が調べる動機もよくわからん

・ジャンポケ斉藤さんも出演

それでは早速行ってみましょう!

まゆゆがキャバ嬢に

渡辺麻友さん演じる北園ひかりは普段は劇団のメンバーで、夜はキャバ嬢をやってるみたいです。

お兄さんは昔の事件で刑務所に入ってた模様。

始まりの雰囲気から、お兄さんは冤罪っぽくて、この事件を軸に物語が展開していくようです。

今はみんな怪しく見えるけど、少しずつ謎が解けていくんですかね。

あとまゆゆの演技にも注目ですね。

 

俺は無実だ

出所して出会った妹に「俺は無実だ」っていう兄。

自分が犯人として刑務所にいたことで、妹がどれだけ辛い思いをしてきたのか、家族がどんな目にあったのか、というのを聞いた後のセリフだから、これは本当っぽいですよね。

でも自白したのはなんでだろう?

まだ若かったから思わず言っちゃったのか、それとも兄が庇おうとした人がいたんですかねぇ。

 

刑事が調べる動機もよくわからん


木村 祐一さん演じる刑事の剛田仁志はなんで今頃になって過去の事件を調べ始めたんだろう?

15年前の事件だから、真相を知りたいだけならもっと前から動いていたらいいはずなのに。

兄が出所したら何かしらの動きがあると思って、このタイミングまで温めておいたんですかね。

んー、イマイチ理由が分かりません。

15年前は刑事ではなくて、事件の関係者とかだったのかなぁ。

 

ジャンポケ斉藤さんも出演


北園ひかりが務めるキャバクラの店長役を斉藤慎二さんが演じてます。

最近お笑い芸人がドラマに出るパターンが結構増えてますよね。

ジャンポケのコントは演技もののネタが多いから、斉藤さんの演技も特に違和感ないと思います。

あと思ったけど、せっかく劇団が出てくるんだから、劇団員として出た方が役柄としてはあってる気がする。

まさかの過去に劇団員だったみたいな展開があったりするかな?

 

最後、新たな悲劇が始まった感じで終わりましたね。

ちょっと衝撃的でしたが、やっぱり過去の事件と関係あるんでしょうか?

 

という訳で、第1話の感想はここまで!
コメント欄から感想もお待ちしておりますヾ(*´∀`*)ノ

次のページへ >

-国内ドラマを楽しむ

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.