国内ドラマを楽しむ

『刑事7人』の感想とネタバレ。新たな7人で事件に挑むシリーズ4作目

更新日:

シリーズ4作目。

「刑事資料係」に眠る超凶悪犯罪に新生・刑事7人が挑みます。

主演は東山紀之さん、他にも個性的な俳優・女優陣がそろっています。

 

3行で分かる。今回の内容

・新たな7人を軽く紹介

・ 物語は模範囚が逃走するところから

・資料係兼刑事なのね

それでは早速行ってみましょう!

 

新たな7人を軽く紹介

第1話なので軽く登場人物を紹介したいと思います。

天樹悠(あまぎゆう)演:東山紀之さん→刑事資料係。犯罪資料をほぼ全て覚えてる生き字引。

海老沢芳樹(えびさわよしき)演:田辺誠一さん→捜査一課。主任。

水田環(みずたたまき)演:倉科カナさん→捜査一課刑事。帰国子女。

野々村拓海(ののむらたくみ)演:白洲迅さん→刑事資料係。声が大きい。

青山新(あおやまあらた)演:塚本高史さん→捜査一課刑事。

片桐正敏(かたぎりまさよし)演:吉田鋼太郎さん→刑事資料係。係長。

堂本俊太郎(どうもとしゅんたろう)演:北大路欣也さん→法医学教授。天樹の義父。

 

刑事7人 第1話感想

 物語は模範囚が逃走するところから

いきなり刑務所から出て来た元囚人が逃げちゃうところからスタート。

逃げた動機はほぼ確実に捕まった事件が絡んでますよねぇ。この辺は物語が進んでいくにつれて明らかになってくるでしょう。

 

それより本作はシリーズ4作目ということで、過去のシリーズで出ていたメンバーも出演してます。

ただ残念なことに私は初めてシリーズを見るので、それぞれの刑事の特徴も見ていきたいと思います。

 

工場のおじさんも元ホストも怪しい

一見人が良さそうな工場のおじさん。

人がよすぎるのが逆に怪しいなって思います。

逃げた元囚人と繋がってそうな匂いがプンプンします。

 

そして元ホストもちょっと怪しい。

どっちかっていうとこっちはお金欲しさに事件に絡んでくる感じかなーと。

 

ちょこちょこ挟んでくるよね笑

「そだねー」とか「違うだろー」とか、ちょこちょこ流行った言葉を使ってくるところいいですね。

台詞としてはちょっと浮いちゃってる感じがしますけど、いい感じのアクセントになるかなーと思います。

 

資料係兼刑事なのね

天樹さんって資料係だけど刑事なんだ。

でもこれまでのシリーズでも刑事をやってたみたいなんで、そりゃそうかという感じ。

犯罪資料を覚えちゃうくらいだから元々かなり優秀な刑事だったんだろうなって思います。

過去のシリーズも見ておきたいですね。資料係になるまでのいきさつもわかりそう。

 

そして最後の人事。

ドラマタイトルも刑事7人だし、刑事として捜査しないといけないし、この流れも納得。

刑事がチームとして捜査するのって、お互いに協力し合える感じがしてワクワクするんですよね。

次回からの事件の行方と捜査が楽しみです。

 

という訳で、第1話の感想はここまで!
コメント欄から感想もお待ちしておりますヾ(*´∀`*)ノ

-国内ドラマを楽しむ

Copyright© ドラマニア , 2019 All Rights Reserved.